月に見惚れて歩いていたら往き過ぎてしまったので


     野ざらしの井戸に降りてみる


     底なしの闇の向こうに いつかの約束


     待っていてくださいあなた 


     千年ほど