どこからか小さく流れているテレビの音が遠くなり

     
     縁側に置き去りの皿には赤い汁と薄緑の皮と黒い種


     かたかた扇風機の羽の音に夢の走馬燈は廻りつづけ


     微かな風と戯れて風鈴の金魚しどけなく尾を揺する

 
                      ちり……ん