toubousya.jpg



小さな社の影には、まだ明け切らない闇が潜んでいた。
のし掛かるような銀杏の大木は、まだ冴え冴えと青く、
色づきもしないまま枝を離れた扇形の葉が、無念そうに舞い落ちてくる。
しっかりと手を繋いだ私達の足元には、膿んだように熟した銀杏の実。
夜明けの青い空気が白々と褪せていくにつれ、
辺りに、交わりの匂いが立ちのぼる。
朽ちゆく実が発しているのか、
それとも自分達の躰から立ち昇っているものなのか。

顔を見合わせ、うっすらと笑う私達は、共犯者だった。
いや、逃亡者だろうか。
隠れ家のような小さな部屋で、互いの躰の奥深くに身を潜め、
現実から逃れようとする逃亡者。

息苦しいほどの匂いに後ろめたさを嗅ぎ取り、どちらからともなく歩きだす。
小径を抜け、新鮮な朝を大きく吸い込む。
と、まるで待ち構えていたかのような、甘く切ない香り。

金木犀。

顔をあげて視線を巡らせるが、それらしき木は見あたらない。
香りを辿って角を曲がる。
右に左に。
指と指を絡ませながら。

こんなところに。
慎ましやかな庭先に、艶やかな葉と金色の花。
小さな星形の花は、何かに怯えるように肩を寄せあい、
重なる葉陰に隠れていた。 
顎をあげて、香りをうかがう。
が、花達は口をつぐんだまま、そよと匂うこともない。
首を傾げ、肩をすくめて歩み出すと、再び、甘い風が吹く。
振り向きざまに見あげると、
風に震える花々は、あらぬ方向を見て笑っていた。

あっちだ。
遙か向こうから、微かな香りが手招きをする。
足を早めて近づくと、扉を閉めるように消えてなくなる。
耳を澄ませるようにして香りを探ると、冷えた耳たぶに囁きかける。
肩に触れ、後ろ髪を巻き上げ去っていく。

ここは何処? 
さぁ、何処だろう。
金木犀の香りに惑わされ、私達は迷子になった。
甘やかな切なさに唆(そそのか)されて、逃亡者は、
往くあてを失くした。


道に迷った私達は、あの日からずっと、
亡霊のようにさまよい続けている。

  
  
  
800字テーマ「金木犀」
2002.9.3.