christmas.jpg


ふいに、花火があがった。
江ノ島の東側。
クリスマスの夜。

そういえば、
赤と緑の大輪の花は、
クリスマス・リースに似ている。
クリスマスの今日だからこそ、気づいたのだ。
真夏の花火には、思いもしなかった。
あのときだって、赤と緑の花火はあったはずなのに。

真冬の花火は、しんとしている。
あがったとたんに、消えていく。

儚いクリスマス・リースに、
祈りをこめる。

流れ星を見つけたときのように。
胸の中で。
そっと。